第6次行財政改革大綱について

「西都創生」を推進する協働による行政運営を目指して

第6次行財政改革大綱(平成27年3月)

市では、昭和61年3月の「西都市行財政改革大綱」から、5次にわたり大綱を策定し、様々な取組を行い、着実に成果を上げてきました。

しかしながら、本市を取り巻く環境は日々大きく変化しており、特に急激な人口減少社会の到来と急速な少子高齢化の進行は、地域コミュニティ機能を大きく変化させるとともに、税収の減少や地域活力の低下など多大な影響を及ぼしています。

今後、増加する社会保障費などの影響により、厳しい財政運営を強いられることが予想され、持続可能な行政運営を推進し、「西都創生」の取組を着実に実行するにあたっては、市民の皆様との協働による取組がますます重要性を増しています。

そのようなことから、この度、「『西都創生』を推進する協働による行政運営を目指して」をテーマとし、人口増対策に必要な財政基盤や組織体制を構築するため、「職員の意識改革と人材育成」と「市民協働の推進」を最重要課題として位置づけた「第6次行財政改革大綱」を策定しました。

一般会計決算における補助金実績

「補助金等の見直しに関する指針」に基づき、一般会計決算における補助金実績を公表いたします。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 総務課
電話 (総務)0983-43-1112
FAX 0983-43-2067
お問い合わせ 総務課へのお問い合わせ