農業者年金への加入案内

農業者年金に加入しませんか

現在の農業者年金は、加入された方の老後生活の安定と福祉の向上をはかり、さらに農業の担い手を確保することを目的に公的年金として創設されたものです。

この農業者年金は、自分で積み立てた保険料とその運用実績により将来受け取る年金が決まる「積み立て方式」の年金となっております。そのため、運用利回りの状況で保険料が引き上げられることはありません。

加入の要件は、
(1)国民年金第1号被保険者で、国民年金保険料の免除を受けていない
(2)加入するときに、20歳以上60歳未満の方
(3)年間60日以上農業に従事している
この3つの要件に該当する方なら誰でも加入できます。
保険料は、自分で決められます。

ご自分で必要な年金額に向けて、保険料を自分で決められます。(月額2万円から6万7千円までの間で千円単位で自由に選択できます。)また、いつでも見直すことが出来ます。さらに、納付された保険料は全額が社会保険料控除の対象となりますので、節税対策としても有効です。

また、40歳以下の担い手であれば政策支援(保険料の国庫補助)もあります。

詳しくは、お住まいの地区担当の農業委員、農業委員会事務局(電話43-3595)、又は西都農協管理課(電話43-3113)まで問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 農業委員会事務局
電話 0983-43-3595
FAX 0983-42-5512
お問い合わせ 農業委員会事務局へのお問い合わせ