防災・災害情報(防災気象情報)

◆防災気象情報を提供しているホームページ◆

株式会社ウェザーニューズ 株式会社ウェザーニューズ「サイバーウェザーワールド」
国際気象海洋株式会社 国際気象海洋株式会社「気象情報コーナー」
(財)日本気象協会 (財)日本気象協会「防災気象情報サービス」
Yahoo! JAPAN ヤフーの地域情報-西都市の天気予報
宮崎県雨量・水位情報 宮崎県の雨量・河川水位観測情報
宮崎県防災・危機管理情報 宮崎県の防災・危機管理情報
国土交通省気象庁 災害から身を守ろう
九州電力 台風などの非常災害による停電情報
九州森林管理局 山地災害危険地区(崩壊や土砂流出等の危険が高いと考えられる箇所のうち、人家や道路など保全対象への影響が大きい地区を表示したもの)を記載しています。

◆警報・注意報の基準について(大雨・洪水)◆

大雨・洪水 1時間雨量 3時間雨量 24時間雨量
警報 60ミリメートル 100ミリメートル 200ミリメートル
注意報 30ミリメートル 60ミリメートル 100ミリメートル
積算雨量が上記の数値を超えた場合に発令されます。
警報などが発表されていなくても、数分程度の突然の大雨やしとしと降る長雨で地盤がゆるむ場合もあります。近所の急傾斜地や過去に土砂崩れが発生したところには、日ごろから十分に注意しておく必要があります。

◆備考◆

台風の強さについて

階級 最大風速
熱帯低気圧 17メートル毎秒未満
台風 17~33メートル毎秒
強い台風 33~44メートル毎秒
非常に強い台風 44~54メートル毎秒
猛烈な台風 54メートル毎秒以上

★熱帯低気圧は、台風より弱いイメージがありますが、時には台風より強い雨を降らせることがありますので、台風と同様に注意を払う必要があります。

●台風の大きさについて

階級 風速15メートル毎秒以上の強風域の半径
台風 500キロメートル未満
大型の台風 500~800キロメートル
超大型の台風 800キロメートル以上

★強風域の半径が500キロメートル以下の台風でも、その外側に湿った空気が流れており、まだ台風は遠くにあるのに、強い雨を降らせることがありますので、台風が発生したら常に注意を払う必要があります。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 危機管理課
電話 0983-43-0380
FAX 0983-43-3654
お問い合わせ 危機管理課へのお問い合わせ