生活排水などの適正な処理をお願いします

  • 下水道が整備されている区域の方は下水道に繋ぎ、そうでない区域の方は、浄化槽を設置しましょう。

  • 浄化槽を設置している方は、浄化槽法に従って適正に管理してください。

浄化槽を設置される方に補助金制度があります。


 (1)補助対象となる家屋
    延床面積の2分の1以上が住居として使用される家屋(別荘を除く)

 (2)補助金額(平成27年度から)

人槽区分 補助額
5人槽 332,000円。
ただし、新築住宅(同じ場所の建替えは除く。以下同じ)に設置する場合は249,000円
6~7人槽

414,000円。ただし、新築住宅に設置する場合は310,000円

8~10人槽 548,000円。ただし、新築住宅に設置する場合は412,000円

 (3)補助対象区域
    次に揚げる a,b を除く全地域
   a.公共下水道認可・計画区域
   b.農業集落排水施設整備事業計画区域
   ※下記地図(浄化槽区域)上で、a.茶線(1),b.緑線(2~4)で囲まれた地域を除く全地域が
    浄化槽設置整備事業区域となります。(浄化槽整備区域(地図) (PDFファイル/173.17キロバイト)
浄化槽法による3つの義務(清掃・保守点検・法定検査)を守ってください。
 (1)法定検査(毎年1回)
   1年に1回、浄化槽の機能が正常に維持されているかを検査し、悪い場所があれば早めに改善を行う
   ことを目的としています。
   ⇒依頼先:(財)宮崎県環境科学協会 浄化槽担当(電話0985-51-4331)
 (2)保守点検(3、4か月に1回程度)
   汚水が正しく処理されるように、微生物の管理や消毒剤等の消耗品の補給や交換を行います。
   ⇒依頼先:県知事登録業者(業者については、お問い合わせください)
 (3)清掃(毎年1回以上)
   浄化槽内に発生した汚泥の引き抜き、機器類の洗浄などです。槽内に汚泥が溜まった場合、
   悪臭の発生する原因となったりします。
   ⇒依頼先:有限会社西都衛生公社(電話0983-43-0426)
 
                     


浄化槽の適正な維持管理をされないと罰則規定があります。

 ・法定検査を受検せずにいると30万円以下の過料

 ・浄化槽使用廃止の無届出,虚偽の報告の場合、5万円以下の過料

 

  市民の皆様のご理解・ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 生活環境課
電話 0983-43-3485
FAX 0983-43-3687
お問い合わせ 生活環境課へのお問い合わせ