ライター・カセットボンベ缶等は必ずガスを抜いて出して下さい!

市民の皆様には、日頃よりごみの分別にご協力いただきありがとうございます。

西都児湯クリーンセンターに持ち込まれるごみの中には中身が残ったまま出されるものが多く見受けられるようです。

ライターやカセットボンベ缶等の中身が残っていると、処分の際に爆発事故が発生したり、スプレー缶の中の塗料が吹き出すなど大変危険です。また、このような事態を繰り返すと処理ラインがストップし、ごみの処分ができなくなってしまうこともあり得ます。

このようなことから、今後も以下の点をしっかり守り、これらを出していただきますようお願い致します。

 ○ライターはガスを完全に使い切り少量ずつ出してください。
  なお、数が多い場合には生活環境課までご相談ください。
 ○カセットボンベやスプレー缶は中身を完全に使い切った後、必ず穴を開けてガスを
 抜いて出してください。
 ○ガス等を抜かれる際には、必ず風通しの良い屋外で作業してください。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 生活環境課
電話 0983-43-3485
FAX 0983-43-3687
お問い合わせ 生活環境課へのお問い合わせ