野外焼却は違法行為です!!

ごみの野外焼却は、平成13年4月1日より「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の改正により、下記の一部例外を除き全面的に禁止となっています。野外焼却を行うと下記罰則が科せられます。

【燃やす行為は全てダメなの?】

 野外での廃棄物焼却は、以下の場合に限り必要最小限度、例外的に認められています。
 しかし、黒煙や悪臭を発生させるなど周辺の生活環境に支障をきたすような行為は規制されます。

焼 却 内 容

具 体 例

国、県又は市がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

河川敷の草焼き(河川管理者)、漂着物等の焼却(海岸管理者)

震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対応または復旧のために必要な廃棄物の焼却

防災訓練での消火訓練の焼却、災害時の応急対策

風俗習慣上または宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

正月のしめ縄や門松等を燃やす行為、神社でお守等を燃やす行為

農業、林業または漁業を営むためにやむをえないものとして行われる廃棄物の焼却

火入れ許可を受けての畔焼き

たき火、その他日常生活を営む上で行われる軽微なもの

キャンプファイヤー、風呂焚き、バーベキューなど

※焼却禁止の例外とは、罰則の適用を受けないものであって、行政指導を免れるものではありません。

よって、焼却禁止の例外に該当するものであっても、煙等で周辺環境への影響が認められる場合には、焼却を中止していただきます。

<野外焼却は、住宅環境に多大な影響を及ぼします!>

 市役所に多くの声が寄せられます。自分の身になって考えてみてください。

 「近所でごみを燃やす人がいて、臭いがつくため洗濯物が干せない。」

 「煙たくて窓が開けられない。」

 「煙が家の中まで入ってきて、家の中が臭い。」

 「煙で気分が悪くなってしまいます。」

 「子供のぜんそくが再発する。」

※周辺の環境保全や火災予防、住民の健康を守るためにも野外焼却を行わず、きれいで住みよい環境を作り上げていきましょう。

【罰則】

 野外焼却をした場合、法第25条により、違反した場合、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金に
 処し、又はその併科に処せられます。また、法人の場合、罰金は3億円以下となっています。
 ※夜間や休日、悪質な焼却行為につきましては、西都警察署や高鍋保険所へご一報ください。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 生活環境課
電話 0983-43-3485
FAX 0983-43-3687
お問い合わせ 生活環境課へのお問い合わせ