事業所ごみの処理について

事業所のみなさまへ

~事業所から出るごみの出し方にご注意ください~

事業系廃棄物とは?

営利・非営利を問わず『すべての事業活動で発生するごみ』のことをいいます。つまり、飲食店や事務所、個人商店のほか、学校や公民館、病院、社会福祉施設などから発生するごみも『事業系廃棄物』となります。

事業者の責務

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び市条例において、次のような『事業者の責務』が義務付けられています。

 ●自らの責任において適正に処理すること

 ●再生利用などを積極的に行い、減量化に努めること

 ●廃棄物の適正処理や減量について、国や地方公共団体の施策に協力すること

※つまり、事業所から出るごみは、家庭ごみの収集には出せません。

事業系廃棄物の処理方法

事業系廃棄物については、まず『資源物』を分別したうえで、『一般廃棄物』と『産業廃棄物』とに
分別し、いずれかの方法で処理してください。

 (1)自己で適正処理が可能なものを自己処理する。
 (2)一般廃棄物収集運搬許可業者に依頼する。(有料)
  ※許可を受けていない業者に依頼すると、事業者も罰せられます。

産業廃棄物について 

産業廃棄物の処理については、一般社団法人 宮崎県産業廃棄物協会にお問い合わせください。

適正処理の手引き

事業系廃棄物適正処理について、手引きを作成しております。詳しくはこちらをご覧ください。
事業系廃棄物適正処理の手引き (PDFファイル/502.79キロバイト)

このページに関するお問い合わせ

担当部署 生活環境課
電話 0983-43-3485
FAX 0983-43-3687
お問い合わせ 生活環境課へのお問い合わせ