市県民税の公的年金からの特別徴収制度が始まります。

平成21年10月から、公的年金等にかかる市県民税の支払い方法が変わります。

公的年金等にかかる市県民税の納税については、これまで市役所や金融機関で直接お支払いいただくか、あるいは口座振替にてお支払いいただいていますが、今回特別徴収制度が始まる事により、市県民税が公的年金から特別徴収(天引き)されることとなります。

(対象となる方)
 平成21年4月1日現在で、下記の1,2の両方に該当する方
 1.年齢が65歳以上の公的年金受給者で、前年の公的年金等にかかる所得に市県民税が課税される方
 2.年額18万円以上の老齢基礎年金または老齢年金、退職年金等を受給している方(介護保険料の特別徴収と同様)

(対象となる税額)
 厚生年金、共済年金、企業年金などを含むすべての公的年金等にかかる所得額に応じた税額が特別徴収(天引き)の対象となります。
 ただし、その税額は、老齢基礎年金または老齢年金、退職年金等から特別徴収(天引き)されます。
 この制度は、市県民税の納税方法が変更するだけで、新たに税負担が生じるものではありません。

(実施時期)
 平成21年10月支給分の年金から特別徴収(天引き)されます。
 特別徴収(天引き)の開始は、平成21年10月支給分の年金からとなります。
 そのため、平成21年度の市県民税6月納期分及び8月納期分はこれまでどおりの支払い方法となります。
 また、年金所得以外の所得(農業所得・営業所得・不動産所得・給与所得等)にかかる市県民税や
 年金特別徴収の対象とならない方の市県民税については、これまでどおりの方法によりお支払い
 いただくこととなります。

例)年税額6万円の場合(収入は公的年金のみ)
 平成21年度の納税方法

平成21年6月 平成21年8月 平成21年10月 平成21年12月 平成22年2月
税額 1万5千円 1万5千円 1万円 1万円 1万円
納税方法 普 通 徴 収
(これまでどおりの納税)
特 別 徴 収
(年金からの天引き)

このページに関するお問い合わせ

担当部署 税務課
電話 (納税第一)32-1001 (納税第二)32-1002 (市民税)32-1009 (資産税)43-1197 (証明)43-3490 ※市外局番は全て 0983 です
FAX 0983-43-2067
お問い合わせ 税務課へのお問い合わせ