軽自動車税の税率が変わります

軽自動車税とは、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の軽自動車及び二輪の小型自動車(これらを軽自動車等と総称します。)の所有に対して課税される市税です。

年額課税ですので、年途中での廃車・譲渡(名義変更)に伴う月割課税制度はありません。
軽自動車等を取得した場合や譲渡した場合、また、廃車・売却した場合には申告手続きが必要です。 

農耕作業用自動車(トラクター、コンバイン、田植機などの乗用装置を兼ね備えたもの)は、公道を走行しない場合でも所有していれば軽自動車税の申告が必要です。正当な理由がなく、申告等をしなかった場合、西都市市税条例第88条に基づき、10万円以下の過料が科せられます。

1.納税義務者

毎年4月1日(賦課期日)現在、市内に定置場のある軽自動車等の所有者です。
ただし、割賦販売にて売主が所有権留保している場合には、買主を所有者とみなします。

2.税額

車体課税のあり方を含めた自動車関係税制の抜本的見直しが行われ、平成26年度税制改正及び平成27年度税制改正により、平成28年度から軽自動車税の税率が変わります。

1.原動機付自転車及び二輪車等

登録年月日の有無にかかわらず、平成28年度(平成28年4月1日)から次のとおりになります。

平成27年度まで 平成28年度から
区分 税率(年額)
原動機付自転車 50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超~90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超~125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用自動車(乗用装置のあるもの) 1,600円 2,400円
その他のもの(フォークリフト等) 4,700円 5,900円
二輪の軽自動車 125cc超~250cc以下(側車付き含む) 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車 250cc超(側車付き含む) 4,000円 6,000円

2.四輪以上及び三輪の軽自動車

最初の新規検査(自動車検査証内の「初度検査年月」)により、下表のa)b)c)のいずれかの税率になります。
ただし、平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした車両は、13年を経過するまで税率に変更はありません。

区分

税率(年額)

a)平成27年3月31日

以前に

最初の新規検査を

した車両

b)平成27年4月1日

以後に

最初の新規検査を

した車両

c)最初の新規検査から

13年を経過した車両

(重課税率)(※1)

(平成28年度から)

三輪

3,100円

3,900円

4,600円

四輪以上

貨物

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

乗用

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

(※1) 動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用自動車並びに被けん引車を除きます。

3.軽自動車税のグリーン化特例について(平成28年度のみ)

平成27年4月1日から平成28年3月31日までに最初の新規検査をした車両で、低排出ガス及び燃費性能にすぐれた環境負荷の小さい軽自動車に対して、税率を軽減するグリーン化特例(軽課)が適用され、下表の税率となります。

区分

税率(年額)

電気自動車・天然ガス自動車

(※2)

ガソリン車・ハイブリッド車(※3)

基準1(※4)

基準2(※5)

軽自動車

三輪(※6)

1,000円

2,000円

3,000円

四輪以上

貨物用

自家用

1,300円

2,500円

3,800円

営業用

1,000円

1,900円

2,900円

乗用

自家用

2,700円

5,400円

8,100円

営業用

1,800円

3,500円

5,200円

(※2) 天然ガス自動車については、平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物を低減する車輌とします。
(※3) ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限ります。
(※4) 貨物用:平成27年度燃費基準値より+35%以上達成、乗用:平成32年度燃費基準値より+20%以上達成。
(※5) 貨物用:平成27年度燃費基準値より+15%以上達成、乗用:平成32年度燃費基準値達成。
(※6) 燃費基準は上記※1から※4を適用し、乗用貨物の区分は自動車検査証の用途欄に従います。

軽四輪の乗用・自家用車の課税例はこちらを参照ください。

3.申告手続

手続き場所

申告内容

必要なもの

西都市役所

税務課窓口

新規

新車購入

(1)新規所有者・使用者の住所、氏名、生年月日、連絡先、印鑑(※8)

(2)車輌の車名、車台番号、型式、排気量等

市内転入

市外の人からの譲渡

上記(1)、(2)

(3)廃車証明書(受付印のある廃車申告書)

(4)旧所有者からの譲渡証明書

変更

市内の人からの譲渡

(名義変更)

(1)新所有者・使用者の住所、氏名、生年月日、連絡先、印鑑(※8)

(2)標識番号(ナンバー)、車輌の車名、車台番号、型式、排気量等

(3)旧所有者からの譲渡証明書

車台の変更

(1)所有者・使用者の住所、氏名、生年月日、連絡先、印鑑(※8)

(2)標識番号(ナンバー)、新旧車輌の車名、車台番号、型式、排気量等

廃車

(※7)

廃棄処分

(1)所有者・使用者の住所、氏名、生年月日、連絡先、印鑑(※8)

(2)標識(ナンバープレート)、車輌の車名、車台番号、型式、排気量等

市外転出

市外の人への譲渡

(※7) 紛失等により標識(ナンバープレート)の返納ができない場合は、弁償金200円が必要です。
(※8) シャチハタなどのインキ浸透印は除く

4.二輪の小型自動車及び軽自動車のお問い合わせ先

二輪の小型自動車、二輪の軽自動車、軽自動車の手続場所は以下の場所になります。

二輪の小型自動車、二輪の軽自動車

宮崎陸運支局       電話番号:050-5540-2088

軽自動車(二輪を除く)

宮崎県軽自動車協会  電話番号:050-3816-1760

このページに関するお問い合わせ

担当部署 税務課
電話 (納税第一)32-1001 (納税第二)32-1002 (市民税)32-1009 (資産税)43-1197 (証明)43-3490 ※市外局番は全て 0983 です
FAX 0983-43-2067
お問い合わせ 税務課へのお問い合わせ