4月1日から西都市国民健康保険特定健診がスタートしました

◇健診の流れ◇

4/1~5/31

保険証で特定健診の受診ができます
事前に医療機関へ電話予約をお願いします。

6/1~

対象者には、5月下旬に受診券を送付します。

※個別医療機関 ・集団健診の詳細はPDFにてご確認ください。
※いずれも自己負担金は無料です。

◇平成29年度の集団特定健診に胃がんリスク検診(ABC検診)が新しく加わりました。◇

この検診は、血液検査によるヘリコバクター・ピロリ抗体検査とペプシノゲン検査の2つを組み合わせて、胃がんになりやすい状態かどうかをA、B、C、Dの4段階に分類する検査です。この検診は、直接胃がんを見つける検診ではありませんので、精密検査が必要となった場合は、必ず内視鏡検査を受けましょう。

●自己負担金:1,000円
●対象者  :40~74歳の国民健康保険加入者集団特定健診との同時実施のみに限ります。

胃がんリスク検診において以下に該当される場合は、対象外になります。

●上腹部の痛み、食欲不振、吐き気などの上部消化器症状のある方
●食道、胃、十二指腸の疾患で治療中の方
●2か月以内に、胃酸分泌抑制剤の中でプロトンポンプ阻害薬服用中の方
●胃切除後の方   ●腎不全の方
●ピロリ菌除菌治療を受けたことがある方

◇検査結果提供の協力お願い◇

医療機関を定期的に受診し血液検査等を受けている方、職場の定期健康診断を年1回受けている方は、その検査結果を特定健診と見なしてお預かりすることができます。特定健診の目的は、病気にならないためにいち早く異常を発見することです。治療中の方は検査結果提供により、治療以外の生活習慣病の予防及び早期発見に役立てることができます。そして、地区担当の保健師等による保健指導を利用することもできます。
是非、ご理解の上、検査結果の提供にご協力いただきますようよろしくお願いします。

必要な検査結果
1.問診       2.身長・体重・BMI・腹囲     3.血圧
4.脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
5.肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP)
6.血糖検査(空腹時血糖 または ヘモグロビンA1c)
7.尿検査(糖、蛋白)※1、2、3は、健康管理課で確認することができます。

ご提供いただくことによるメリット
・特定健診の受診に代えることができます。
・保健指導(健康相談)を無料で受けることができます。

◇集団特定健診が「さいとくポイント対象事業」になります◇

集団特定健診は300ポイント、結果提供は500ポイントになります。是非、健診を利用してポイントを貯めましょう。

※特定健診は、集団健診のみが対象です。
※結果提供については、特定健診と同じ項目を満たす場合に限ります。
 提供先   健康管理課 国保係 電話43-0378(直通)
※検査結果提供時の必要物品:保険証、特定健診受診券、検査結果
※ご提供いただいた検査結果は、個人情報保護を厳守し、特定健診業務以外に使用しません。
 (文書取扱:健康管理課 国保係 電話43-0378(直通))

☆個別医療機関 ・集団健診の詳細はPDFにてご確認ください。
国保特定健診案内チラシ (PDFファイル/311.7キロバイト)

このページに関するお問い合わせ

担当部署 健康管理課
電話 (健康推進)0983-43-1146 (国保・高齢者医療)0983-43-0378 (介護保険)0983-43-3024
FAX 0983-41-1382
お問い合わせ 健康管理課へのお問い合わせ