胃がん集団検診(40歳以上)のご案内~今年度最後の集団検診です

胃がんは日本人が2番目に多くかかるがんです。検診で見つかる胃がんの約70%が早期の胃がんであり、早期発見・早期治療ができれば『治るがん』と言われています。症状がなくても年に1回の検診を受けることが大切です。

【対象者】 西都市住民で40歳以上の方(年度内に40歳になる方も含む)

【料金】 1,200円  ※西都市国民健康保険の方:500円(保険証を持参)
     ※JA西都女性部に加入している本人・家族:700円(助成券を持参)

※下記に該当する方は、無料です。

①満70歳以上の方(保険証を提示)
②65歳以上の方で後期高齢者医療の障害認定を受けている方 (保険証を提示)
③市民税非課税世帯の方(市役所税務課発行の世帯の課税証明書を提示)
④生活保護世帯の方(生活保護受給証明書を提示)
※検診当日に保険証等の提示がない場合は、自己負担金が免除されませんのでご注意ください。

【集団検診】胃部X線検査(バリウム法)※申込は随時受け付けています。

日  程

受付時間

検診場所

申し込み期限

10月11日(水)

7:40~9:00

三納地区館

10月 4日(水)

10月15日(日)

7:40~9:00

保健センター

10月 6日(金)

10月24日(火)

7:40~9:00

都於郡地区館

10月17日(火)

11月 8日(水)

7:40~9:00

市役所穂北支所

11月 1日(水)

11月14日(火)

7:40~9:00

三財地区体育館

11月 7日(火)

11月18日(土)

7:40~9:00

保健センター

11月10日(金)

平成30年

1月24日(水)

7:40~9:00

西都市コミュニティセンター

1月17日(水)

【禁忌事項】

下記の方は、集団検診は受診できません。医療機関にご相談ください。

①医療機関にて定期的に胃の病気で治療中であったり、経過を観ている方
②過去にバリウムによるアレルギー症状があった方
③消化管の病気(穿孔、閉塞、腸捻転、出血)の既往のある方
④1年以内に消化管疾患や呼吸器疾患、心疾患の手術をされた方
⑤1年以内に心筋梗塞や脳梗塞等を発症したことのある方
⑥腎疾患(透析)や心疾患(心不全)のため、水分制限のある方
⑦普段からむせやすい、過去にバリウムでむせたことのある方
⑧自分でバリウムが飲めない方、台に上がることができない方
⑨胃の全摘手術を受けられた方
⑩過去にバリウムの排便困難で医療機関を受診したことがある方
⑪体重120㎏超過の方
⑫妊娠中または妊娠の可能性のある方

※④⑤について、1年以上経過している方は、かかりつけ医師にご相談のうえ申込みください。


※市のがん検診は、自覚症状のない方を対象としています。自覚症状のある方は市のがん検診を受診することはできませんので、保険診療による医療機関での受診をお願いいたします。

その他、下記の方は、医療機関での検査をお勧めしますが、受診希望の方 は、かかりつけ医師にご相談のうえ申込みください。
[脳血管障害の病歴のある方、人工肛門の方、低血糖の方、5年以内に胃・食道・大腸の手術を受けた方]

【受診する際の注意事項】
検査前日の夜9時から検診終了までは食事はしないでください。 当日の朝は、水・お茶も飲まず、たばこも吸わずに来てください。 お薬を飲まれている方は当日の服薬について主治医にご確認ください。 検査は体調の良い時に受けるようにしましょう。 ※年に1回、集団検診か個別検診のいずれかで受診してください。

(文書取扱:健康管理課 健康推進係)

このページに関するお問い合わせ

担当部署 健康管理課
電話 (健康推進)0983-43-1146 (国保・高齢者医療)0983-43-0378 (介護保険)0983-43-3024
FAX 0983-41-1382
お問い合わせ 健康管理課へのお問い合わせ