退職者医療制度見直しに伴う保険証などの切り替えについて

平成20年4月から始まった後期高齢者医療制度に伴い、退職者医療制度の見直しが行われ、国民健康保険の退職者医療制度の被保険者で65歳に到達された方と、その被扶養者の方については、一般の国民健康保険へ切り替わることになり保険証が変更になります。
(これに合わせて限度額適用・標準負担額減額認定証・特定疾病療養受療証・限度額適用認定証(以下、保険証なども変更になります)。

該当される方には新たな保険証などをお送りします。
(市役所での申請などは必要ありません。)

記載されている交付年月日(もしくは発効期日)からお使いください。
(それまでは従来の保険証などをお使いください。)

※退職者医療制度から一般の国民健康保険への変更によって、保険税や医療機関での個人負担の変更はありません。

このページに関するお問い合わせ

担当部署 健康管理課
電話 (健康推進)0983-43-1146 (国保・高齢者医療)0983-43-0378 (介護保険)0983-43-3024
FAX 0983-41-1382
お問い合わせ 健康管理課へのお問い合わせ